クラニオパシー(頭蓋骨矯正)


1899年、アメリカの医師ウィリアム・ガーナ・サザーランドD.O(ドクター・オブ・オステオパシー)により研究・開発された施術。人の頭蓋骨は23の骨から構成されていますが、生活習慣やストレスなどによって頭蓋骨が歪むと、他の部位にも歪みが生じたり、顔のバランスがくずれてシワやたるみを招くことにも。この頭蓋骨の歪みを矯正して、さまざまなトラブルをケアすることをクラニオパシーといいます。整顔など、とくに美容にスポットを当てたクラニオパシーを美容クラニオパシーと呼ぶこともあります。