夏バテ・肝臓の炎症

8月30日 夏バテ・肝臓の炎症 ( 2016年 08月 31日 / 投稿者: PCA ) ☆今週の傾向☆ 肝臓での炎症が目立ち、夏バテが続いています。 自律神経・耳の硬化から頭が大きくなる状況が続いていますが、 耳・自律神経から骨髄・下垂体へと進行してきた HHV6の増殖と硬化が肝臓にも及び、 肝臓系の様々な症状が出る状況です。

具体的な症状としては、火照り、 門脈系の循環が悪くなることによる胃腸障害 (お腹の張り、気持ち悪さ、便秘) もしくは痔の悪化、が増えそうです。 火照りについて、 腎臓での炎症の方が強かった時期は 「手足が冷たい」症状としてあったものが、 肝臓での炎症が重なることにより火照り、 いわゆるホットフラッシュ、 冷えのぼせといった症状になってくるので、 これらの症状のある人には、お風呂につからない様に指導することも重要です。