CSFプラクティスとは?

CSFプラクティスは、種々なる手技、カイロプラクティック、オステオパシー、SOTなどを学んだ、

創始者の宮野博隆が考案した独自の医療理論『パーフェクトクラニアルセオリー』を基にした治療テクニックです。

『パーフェクトクラニアルセオリー=完全なる頭蓋骨理論』を基にしたCSFプラクティスのソフトブロックテクニックや

ポンピングテクニックを駆使し、脳脊髄液(以下CSF)を排出・吸収・増産させて循環をうながし、

本来の力を失った脳・自律神経を活性化させます。

自律神経の活性化は身体の機能的な改善を図り、身体の形態的バランスもとります。

脊柱、骨盤はもとより、頭蓋骨の形態バランスや身体すべての可動性を回復させることができるのです。

これは治療により患者の生命力が上がったことを示しています。